がん治療のための様々な情報を紹介しています。

免疫細胞療法について

がん治療の一つに免疫細胞療法という治療法があります。免疫細胞療法とは自分自身の免疫細胞を増殖させ、その増殖させた免疫細胞を用いてがん細胞を撃退する治療法です。免疫細胞療法は他の治療法を実施している方も行うことができ、今までやってきた治療法と免疫細胞療法を併せて実施することにより効果が高まることが期待できます。免疫細胞療法にはどのような方法があるのかまとめています。

免疫細胞治療の違い

樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞というのは、がん細胞を攻撃するT細胞に「これはがんである」ということを伝え、攻撃を指示する司令塔の役割をもつ免疫細胞です。自身のがん細胞を用意することができる場合はそのがん細胞を利用して樹状細胞にそのがんの目印をとりこませます。がん細胞を用意できない場合は人工的にがんの目印を作り、樹状細胞に目印を覚えさせます。その後身体に投与し、T細胞へ目印を教えて攻撃を指示するのが樹状細胞ワクチン療法です。

アルファ・ベータT細胞療法

がん細胞を攻撃するT細胞自体を活性化及び増殖させ患者の体内に戻す免疫療法の一つです。採血時にリンパ球を採取してT細胞を増殖されるのですが、増殖期間も短期間で済み血液を採取する量も少ないのがメリットとなります。初期のがんや進行したがんにも対応できるがん治療となります。採血時にまた化学療法や放射線治療にも相乗効果が期待できる治療法となります。

乳がんについて

乳がんは早期発見がとても大事です。早期発見ができると治療時の身体への負担も少なくて済みますし、完治できる可能性も高くなります。早期発見するためには乳がんの症状がどのようなものか知っておく必要があり、乳がんの症状の疑いがあったらすぐに乳がん検診することが大切です。今回は乳がんの時の症状にはどのようなものがあるのかまとめました。

がん撃退の知識をつけよう

聴診器

チクッと痛む場合

チクッと痛む時は乳がんの初期症状である可能性があります。針を刺すような痛みが特徴で進行が早いです。そのためこの症状がある場合は乳がん検診をすることをおすすめします。「これぐらいなら大丈夫だろう」と自己判断しないことが大切です。

かゆみがある場合

乳がんにはかゆみの症状はほぼありませんが、初期の乳がんの際にかゆみの症状があったという方もなかにはいらっしゃいます。もし乳がんによるかゆみの症状だったら、かゆみの部分が悪化して痛まない内に対処が必要となります。他の病気の可能性もございますが、乳がんだった場合は早めに対処しないといけません。少しでも体に異変を感じたら病院へ行きましょう。

少しでも違和感がある場合は早めの受診を

チクッとした痛みやかゆみの症状がある場合は、早めに乳がん検診をすることをおすすめします。早めに検診を行えば乳がんだった場合でも早期発見ができる可能性があります。また特に問題がなかった場合でも「大丈夫だった」という安心感が得られため、早めの乳がん検診は大切と言えるでしょう。

[PR]

免疫細胞療法の情報
細かい内容を確認できる

がん治療の情報
役立つ内容を確認しておこう!

乳がん検診を受けるメリット
病気をいち早く発見できる!

免疫療法なら優良クリニックへ
最適な治療方法を提案!