検診の重要ポイント|がん治療のための情報を身に着けよう[役立つ情報をチェック]

初期発見ができるPBCシステムという乳がん検診の情報を記載しています。

検診の重要ポイント

診察

乳がん検診は見逃されやすい

乳がん検診は「触診のみ」「触診とマンモグラフィー検査」という内容の検査が一般的だと思います。しかしながら、ごく小さながんですと、この検査では発見がされない可能性があります。

乳がん検診の施設選びで着目すべき点

施設の外観の見た目だけで決して施設選びの判断をしてはいけません。外観の見た目だけに力を入れて、検診に必要な機器にお金をかけていない可能性があります。また、触診やマンモグラフィーだけでなく、超音波検査も実施する施設を選択しましょう。

PBCシステムの乳がん検診がおすすめ

PBCシステムとはごく初期の乳がんを見つけるため乳腺専門の外科医が行う乳がん検診です。触診だけでなく、特殊な機械を用いてマンモグラフィーや超音波検査も併せて実施しますので、とても精密に検査ができます。初期の段階で乳がんが見つかれば治療の負担も抑えられますので、PBCシステムの乳がん検診をすることをおすすめします。